静岡の眼科医院で緑内障の治療を続けてます。

セルフチェックを試した

緑内障の知識 | セルフチェックを試した | 医師からレーザー治療をすすめられました

私が緑内障だと気付いたのは、3年後に偶然新聞で記事を見て思い当たるふしがあったので、ホームページのセルフチェックを試した時です。
セルフチェックを試したら、片目がかなり視野が狭くなっていて、慌ててかかりつけの静岡の眼科クリニックに行きました。
眼下で緑内障の検査で光を当てて検査してもらったら、すでに片目の3分の1近くの視野が無くなってました。
もう片方の目も、初期症状が出始めていると診断され治療がスタートしました。
治療をスタートする前に、検査で眼圧を測ったら、かなり高くなっていると言われて、下げるために目薬で治療する事になりました。
静岡の眼科クリニックで、処方された目薬は、副作用でまぶたが黒くなって隈みたいになると言われました。
できるだけ目蓋につかないように点眼しましたが、目の周りが黒くなるだけでなく、副作用でまつ毛まで太くなりました。
強力な目薬のようでさした後に、目が重くなって不快でしたが失明が怖くて根気よく続けました。
処方された目薬の効果が次第に出て、順調に眼圧が下がって行きました。
半年ぐらいで目標としていた正常値の眼圧に戻り、これで失明の危機が去ったと安堵してました。
ずっと静岡の眼科クリニックに通って、目薬を2年さしていたんですが、仕事が忙しくなって通院回数が減ってしまいました。
そのため目薬も途切れ途切れさすようになって、40歳の頃には目薬をさしても眼圧が下がらなくなってしまいました。